LINE(ライン)とLINE@(ラインアット)の違いと現状とは?

ラインとラインアット

LINE@とは何?と思っている方へ

LINE(ライン)は、現在スマホを持っている人なら、ほとんどが使っているアプリ!

最近よく聞くLINE@(ラインアット)は、LINEと何が違うのかを解説していきます。

最新トレンドWEB集客7ステップ

LINEの現状

LINEの国内登録者数は6800万人以上。
日本の人口の53%以上をカバーしています。(2016年1月時点)

毎日利用しているユーザーも7割を超えています!

国内利用者数とアクティブ率

LINEの国内利用者数

※1 出典元:LINE Corporation調べ 2016/1/28時点
※2 DAU = Daily Active User( 1日に1回以上利用したユーザー)の略。 出典元:マクロミル社・インターネット調査(2016年1月実施/全国15~69歳のLINEユーザーを対象 サンプル数2,112)
※3 LINEの国内利用者数6800万人÷日本の総人口1億2694万人(平成28年1月1日現在(確定値) 総務省統計局)

LINEユーザー属性(年齢・職業)

LINEユーザー属性

出典元:マクロミル社・インターネット調査(2016年1月実施/全国15~69歳のLINEユーザーを対象 サンプル数2,112)

LINEは、日本人の生活インフラ

LINEは、日本人口の半数以上が利用していて、毎日利用しているユーザーも7割以上います。

年齢層は、50歳以上の方も利用していて、幅広い年齢層に使われています。

現在、携帯キャリアのメールアドレスは、ほとんど使わなくなり、LINEは人々の生活に欠かせないものとなっています。

LINEとLINE@(ラインアット)の違い

「LINE」と「LINE@」は、それぞれ別のアプリです。

lineとlineatのアイコン

簡単に違いを説明すると・・・

・「LINE」は、1対1のやりとりに特化したアプリ(プライベートで活用)

・「LINE@」は、多数の人への情報発信できるアプリ(情報発信やビジネスに活用)

となります。

もっと、分かりやすく言うと・・・

・「LINE」は、個人でのメールのやり取り
・「LINE@」は、メルマガ

に近い感覚です。

LINE@の特徴は、メルマガのように、あなたのメッセージを多数の人へ一斉送信できます。
さらに、LINE@専用のホームページが持て、クーポン配信やアンケート投票機能もあります。

またLINEと同じように、友だち登録してくれた人と、1対1のトークや、タイムラインへ投稿も可能です。

LINE@(ラインアット)の現状

LINE@はサービス開始当初、実店舗を持つ事業者が対象でした。

ところが、2015年02月に、その対象範囲を大幅に拡大してリニューアル!

法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになりました。

店舗に加えて、ECサイトや、移動販売事業者、個人事業主、企業名、個人名でアカウント取得が可能です。

LINE@に登録できないのは、18歳未満の個人、ネットワークビジネス系、自己啓発系、アダルト系です。

主な禁止事項は、「自社以外の第三者の宣伝が禁止」とあるので、アフィリエイトへのリンクや知り合いの店舗の宣伝は禁止です。

LINE@を始める前に知っておきたい注意事項

 

料金プラン

料金プランは、「無料プラン」と「有料プラン(2種類)」があります。

メッセージ配信数が月1,000通(1通=1吹き出し)までだと、「無料プラン」で利用できます。

無料プラン

メッセージ配信数=月1,000通まで

タイムライン投稿=月間4回まで

ベーシックプラン

月額5,400円(税込み)

メッセージ配信数=有効友だち数(ブロックされた数を除く)5,000人以内は無制限で配信可能

タイムライン投稿=無制限

プロプラン

月額21,600円(税込み)

メッセージ配信数=有効友だち数100,000人以内は無制限で配信可能

タイムライン投稿=無制限

友だちの属性表示(性別・年齢・都道府県など)、属性別にメッセージ配信が可能

LINE@でできること

LINE@でできる主なこと8つを紹介します。

  1. メッセージ配信
    友だち登録してくれた方全員に一斉メッセージを送れます
  2. 1:1トーク
    LINEと同じように1人の方とトークのやりとりができます
  3. ホーム投稿(ブログの役割)
    ブログのようにメッセージを投稿すると、友だち登録してくれた方のLINEのタイムラインに流れます
  4. クーポン・PRページなどの配信
    メッセージ配信でクーポンを一斉に送ることができます。PRページは特別案内ページを制作してメッセージ配信できます。
  5. アカウントページ作成(ホームページの役割)
    ホームページのように、メニューや地図、アカウントの紹介を掲載できます。
  6. ショップカード
    10ポイントで1000円引きのようなポイントカードをLINE上に作れます。
  7. リサーチページ
    アンケートを作れます
  8. コマース(通販機能)
    初期費用・月額無料で通販機能を利用できます。審査が必要です。

 

無料でこれだけのことができるLINE@、あなたも始めてみませんか?

店舗系はもちろん、セミナー講師、コンサルタント、カウンセリング業、自宅サロン経営者など、個人起業家にもオススメです。

LINE@(ラインアット)の登録方法

アカウント種別は2種類あり、

・誰でも取得できる「一般アカウント」

・審査を通過することで、認証済みバッジが付与される「認証済みアカウント」

があります。

「認証済みアカウント」は、店舗、通販サイト系の職種が開設可能です。

認証済みアカウントになると、LINEの検索結果に出たり、LINEキャラクターのポスターを無料で作成したりできます。

LINE@(ラインアット)の使い方 誰でもすぐできる!簡単基本設定方法

【まとめ】LINE(ライン)とLINE@(ラインアット)の違いと現状

・LINEは日本国民の5割以上が登録していて、登録者の7割は毎日利用している

・「LINE」はプライベートで活用し、個人でのメールのやり取りするイメージ

・「LINE@」は情報発信やビジネスに活用し、メルマガ配信のイメージ

・LINE@は法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになった

↓LINE@でリピーターやファンを増やしたい方にオススメ!

【特別価格】初心者必見!LINE@集客スタートアップ動画講座

「今なら3大特典付」
・ライバルがまだ知らない!個人起業家のLINE@集客法10選レポートプレゼント
・理想のお客さまを引き寄せる!ターゲット棚卸シートプレゼント
・10日間無料メールサポート無制限

【LINE@集客設定運用代行】使い方、初期設定、クーポンの運用代行などをサポート!

スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしてね!

検索されるビジネスブログ&濃いリストが欲しい方へ!
【完全無料】ファンを引き寄せラクに売れる!
最新トレンドWEB集客を解説!

広告費0円でファンを引き寄せ、SNS疲れしない“ラクに売れる仕組み”とは?

ファンを引き寄せラクに売れる、ブームで終わらない最新のWEB集客法
Googleの仕組みを知って、Google検索されるブログを作る方法
あなたの価値ある商品・サービスを、必要としている人に届ける方法

これらのノウハウが手に入ります

7日間無料メール講座の内容とは?

1日目:押さえておきたい!WEB集客成功 3つの条件

2日目:Facebook、無料ブログだけでは売れない理由

3日目:今すぐWordPressを持つと良い7つの理由

4日目:現在の正しいSEO手法とGoogleの未来

5日目:ネットで集客する絶対条件とは?

6日目:お客様に直接届けるメルマガ・LINE@の活用

7日目:ファンを引き寄せラクに売れるWEB集客の仕組み

初心者必見!LINE@集客動画講座

LINE@初心者必見!LINE@の基礎知識と運用方法が分かる!LINE@集客スタートアップ講座